こんにちは!

♦︎♢季節・環境・ホルモンの変化にも揺らがないフラットな美肌をつくる♢♦︎

『フラットスキンケア』

フラットスキンケアリスト 髙橋麻子 です(^^)

少しでも私のことを知ってもらえたら嬉しいなと思い、

少し細かく、自己紹介させてください!

 

≪幼少期~小学生≫

 

1992年3月、愛知県豊橋市に生まれました。

 

大きな心で私の好き勝手な行動を見守ってくれる父。

曲がったことが大嫌い!

家族が一番大切で、必ず守ってくれる母。

 

 

そんな両親と、

口数が少ないですが、ゲームやアニメの話になると

マニアックなところまで饒舌にお話ししくれる弟と

一緒に育ちました。

 

私は負けず嫌いで、かなりの頑固者!笑

 

 

小さい頃はこの服を着ると決めたら、

どんなにダサいと両親に言われても、その服を着ると譲らないくらい頑固で、

気に入らないことがあるとすぐ機嫌が悪くなっていました。

 

だけれども、打たれ弱く、自分に自信がないメンタル弱弱人間

 

そんな性格だったからか、

保育園から小学校の低学年まで、

友達作り、集団行動に馴染むことに苦戦していました。

 

 

保育園・学校生活に苦戦していた私に、転機が訪れます。

元々身体を動かすことは大好きで、体育の授業が大好き。

小学4年生のとき、同じクラスの友達に誘われて出会った、

バスケットボール。

 

この出会いが自分に自信のないメンタル弱弱人間の私に

大きな変化をもたらしました。

 

バスケが楽しいことを知り、のめり込むように練習をして、

試合に出れるようになってから、

自分に自信を持てるようになり、大切な仲間がたくさんでき、

充実した学校生活を送ることができました!

 

≪中学・高校時代≫

 

中学に入学と同時に、女子バスケ部がなかったため、

バスケと似ているハンドボール部に入部しました。

 

この部活動で、大きな壁にぶつかりました。

3年生が卒業し、新チームになった時、先輩のチームで

ユニフォームをいただいて、試合に出るようになってから、

同級生から仲間外れにされるように、、、

そこからまた自分に自信がなくなり、

学校を休んでしまう程、学校に行くことが嫌になりました。

この時、初めて母が私の目の前で泣いていたことを覚えています。

 

“母を悲しませたくない”

“結果で見返す”

 

そう決意してから、母の励まし、

味方になってくれる友達、先輩の支えもあり、

認めてもらうことができ、

少しずつチームメイトともなじむことができるように。

 

 

中学2年生のころから、行きたい高校は決まっていて、

公立高校で、ハンドボール強豪と言われいてる高校に

進学することができました。

 

高校の部活で同じ志を持った仲間と出会い、

さらに、学校生活が楽しくなりました。

仲間と切磋琢磨し、愛知県で3位になることができました。

 

 

この時の嬉しさは今でも覚えています。

本当にいい経験をしたし、特別な仲間に出会えてよかった!

高校は部活のために進学したようなものだったので、

今後自分がどうなっていきたいのかが分からず、

自分の学びたい科目を選んで単位をとることができる短大に進学を決めました。

 

≪短大~就職≫

自分の学びたい科目を選んで単位をとることができる学校に

進学したのはいいものの、

特にやりたいことも見つからず、

2年間淡々とした生活が続きました。

やりたいことが見つからないので、当然就活も大苦戦。

本当にギリギリで就職先が決まり、携帯ショップの店員に。

 

≪携帯ショップ時代≫

 

覚えることが多くてびっくり。

1度覚えても新しい機種、プランが出ると覚えなおし。

目まぐるしかった。

 

そりゃあ、いいお客様だけではないですよね。

精神的に不安定でした。

それでも続けられたのは、

個性溢れる、先輩、同期、後輩がいたから。

 

 

4年目になり、どうしても仕事を辞めたいと思うように。

それなりのお給料はもらっていたし、辞める理由がない。

思いついたのが、

“彼氏をつくって、寿退社だ!”

 

彼氏はできるものの、長続きせず。笑

辞めた後のことをふと考えたときに、

何をしたいんだろう、、、とふと考えました。

 

 

≪転職を決意≫

 

自分がやりたいことをしっかりと考えたときに、

結婚して仕事辞めて、自分は幸せなんだろうかと考えました。

家にいる事は好きだけれども、ずっといるのは嫌いな私。

それに耐えらえれるのだろうかと考えたときに、

寿退社は選択肢から消え去り、

自分が何を仕事にしていきたいのか真剣に考えるようになりました。

 

その時、頭に浮かんだのが、美容のお仕事。

20歳から21歳まで繰り返すニキビに悩んでおり、

 

 

通い始めたエステでずっと改善されなかったニキビが改善されたときに、

美容でこんなにも人を喜ばせることができるんだ!

というのを、思い出しました。

私も人を幸せにできる仕事をしたい!と思い、

6年半務めた携帯ショップを退職し、

思い切って浜松にある某エステサロンに転職しました。

 

技術を習得することが楽しくて、

キレイになっていくお客様をみるのが楽しくて♪♬

1年半ほど勤務してから、

“豊橋でサロンをやりたい”

と思うようになりました。

 

≪独立に向けて≫

 

浜松のサロンで働き続けることもできたのですが、

地元の方をキレイにしたい思いが強く、

独立し、2022年1月にオープンさせました。

Suava_A(シュアーヴ)はフランス語で“癒し”という意味です。

ご来店くださった皆様に、日々の疲れを癒しながら、

ゆったりとした時間を過ごしていただきたいと考えております。

 

 

オープンさせた想いなどは、またお話させていただきますね!

 

ここまで私のプロフィールについてお話ししました!

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

 

インスタグラムもやっています(^^)

フォロー、いいね くださると嬉しいです♪♬

 

Instagramはこちら